header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

最近の記事

2010年07月12日

東大、海底資源発見を目指し海中ロボット2台を使い海底全自動観測に成功

東京大学
http://www.u-tokyo.ac.jp/東京大学生産技術研究所附属海中工学国際研究センターと海上保安庁海洋情報部は、
熱水鉱床などの海底鉱物資源を発見する手法として、測量船-航行型海中ロボット-
ホバリング型海中ロボットという3段階でそれぞれ異なる観測プラットフォームを用
いる手法を検討してきた。

今回、第2段階の東京大学が開発した航行型の自律型海中ロボット「r2D4」の成果を
受けて、第3段階の東京大学生産技術研究所、海上技術安全研究所、海洋工学研究所
がシップアンドオーシャン財団からの助成を受けて共同開発したホバリング型の自
律型海中ロボット「Tuna-Sand」をメタン地帯として知られる黒島海丘において海域
展開を実施、海底の広範囲モザイク写真を作ることに成功し、利便性と汎用性を実
証したことを発表した。

ホバリング型海中ロボットが調査を行ったことは、世界でも初めてのことで、これ
によりメタンハイドレートや熱水鉱床などの海底エネルギーや鉱物資源の発見・開
発につながる海底の詳細な地図作りに向けた新たな方法が構築されることとなる。

海底の地図作りとしての第1段階は、測量船による海面からの地形図の作成で、
1000m深度であれば約20mメッシュの図により、海底の形状や地質学的性質を調査す
る。

第2段階は、第1段階により特定された海底の、航行型海中ロボットによるサイドス
キャンソナー観測で、従来、サイドスキャンソナー観測は曳航体を用いておこなわ
れてきたが、ケーブルから受ける外乱などにより曳航体の運動が安定せずに、精度
のよいものが得られないという課題があった。航行型海中ロボットを海底面近く(例
えば50mの高度)に航行させ観測すると、数m以下の精度での観測が可能になるため、
この情報を用いて、地形の細かな特徴を理解し、目標海底の絞り込みが可能となる。

そして第3段階として、第2段階の観測に基づいて絞り込んだ海底に、ホバリング型
海中ロボットを潜航させ、目標海底の全面を写真撮影し、海底面の詳細を画像にて
とらえることとなる。

黒島海丘での海域展開は、2010年6月に実施。海上保安庁の測量船「明洋」から
Tuna-Sandを展開、r2D4により新たに発見されたポックマーク群やスクラッチマーク
群などの全自動写真撮影に成功し、海底(深度約630m)の広範囲のモザイク画像を短
期間で作成することに成功した。

なお、これらの成果を受けて東大らによる研究チームでは、提案する3段階の観測手
法が確立したことで、新たな海底資源の発見および開発が促進するものと期待する
としている。


posted by Mark at 12:41| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。